製品属性(仕様)

                     
製品
分類
ホッパー装置
用途
食品機械
業界 サイズ200×200×400
材質sus304 工程板金 溶接 バフ研磨

製品画像(様子)

特徴

こちらは、粉末調味料を充填する目的で使用されるサイクロンホッパーです。この縦長のシュートの側面に出たパイプ部から、ブロワーで液体に混じった粉体を空気で送り込むことにより、遠心分離の作用で粉体が分離して下方に溜まっていくようになっております。

上下の部品がフランジ部で着脱可能な設計をしております。そのため、メンテナンスや清掃を容易に行うことができます。

通常の単純な曲げ加工では成形が困難なため、当社では、このような複雑形状の板金部品を成形する際は、ハンマーを用いながら成形を行っております。ハンマーで叩いて成形することで、通常の曲げ加工では難しいような曲げ形状部品の製造も可能となります。

また、複雑な形状のため、ハンマー成形前の溶接についても技術も要します。今回は、我々が最も得意としてるTIG溶接で溶接を施しています。

加えて、微細な粉粒体を投入するため、サニタリー性が非常に重要になる部品でもあります。そのため、ビードカット、バフ研磨を行い表面処理を施すことで、衛生面でも安全性の高い製品となるように工夫をしております。

このように我々は、少量多品種の板金加工を得意としているため、お客様の様々な要望に対応しすることが可能です。こちらの変形ホッパーのような複雑な形状の板金加工を得意としております。板金加工試作でお困りのことがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

>>よくある質問はこちら

>>お問合せ・お見積りの流れ

>>ご相談・お問合せはこちら