製品属性(仕様)

                     
製品
分類
タンク・蓋装置
用途
食品機械
業界 サイズ900×900×1650
材質SUS304 工程製缶板金

製品画像(様子)

特徴

こちらのタンクは、食品を攪拌させて冷めさせないようにするためのタンクです。このタンクは、ジャケット構造となっており、ジャケット部に温水などを流すため、ジャケット部には圧力がかかります。そのため、強度を重視した溶接を行っております。強度の高い溶接を行うために、開先加工を施したうえで溶接を行います。

開先加工とは、溶接加工を施す前に、溶接継手に溝状の窪みを設ける加工のことを言います。開先加工を施すことで、溶接の溶け込みが深くなり、強度が高くなります。当社において開先加工は、開先をサンダーで形成し、専用のゲージを用いて角度を確認しながら行っています。

また溶接には、シールドガスを用いています。溶接を行う際に、ジャケット内部にシールドガスを充填して溶接を行います。この方法は、溶接の裏面が酸化を起こしてしまい溶接の強度が保てなくなる可能性があるため、ジャケット構造等の製品の組み立て時に用いられる溶接方法です。

万が一裏面が酸化してしまうと、溶接部分に亀裂が入ってしまう可能性があり、品質に影響を与えかねません。そのためシールドガスを噴射し、溶接部分が空気に触れないように溶接を施すことで、溶接部分が酸化しないように工夫を施しております。

さらに開先加工、溶接後には、リークがないかを確認するために、規定の圧力で水圧検査を自社にて行い、品質の確認を行っております。

>>よくある質問はこちら

>>お問合せ・お見積りの流れ

>>ご相談・お問合せはこちら