製品属性(仕様)

                     
製品
分類
タンク・攪拌スクリュー装置
用途
食品機械
業界 サイズ200×100×300
材質sus304 工程板金 溶接 バフ研磨

製品画像(様子)

特徴

こちらは、食品加工機械にて用いられる、材料を攪拌するためのSUS304製のスクリューです

この攪拌スクリューは、素材の投入された容器の内面に入り込んで回転動作を行います。その際には、軸に溶接された螺旋状の羽の精度が必要になるため、製作時に非常に高い整形と溶接の技術が求められます。

また、直接食品が触れるために、外面は全てバフ研磨を施しております。
バフ研磨とは、「バフ」と呼ばれる綿やフェルトで造られた研磨用の道具をステンレスの表面に当て、表面を光沢のある仕上がりが出るように加工することを指します。
バフ研磨を施すことにより加工時についたバリや傷を除去したり、表面の平滑度を上げ、素材の残留を防ぐといった効果を期待することができます。

ステンレス板金 試作加工センター.comでは、特に加工に技術が必要とされているステンレスに強みを持っており、製作が困難とされている部品でも対応することが可能です。ステンレス部品の加工依頼先の選定でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

>>よくある質問はこちら

>>お問合せ・お見積りの流れ

>>ご相談・お問合せはこちら